> カテゴリ
全体
日記
音楽
ゲーム
漫画&小説
コネタ&ニュース
ソフト&サービス
ハード&ガジェット
iTunes&周辺機器
未分類
> 最新のトラックバック
おじいちゃん状態に逆戻り..
from のっぽのブログ
今日の1曲 / G.W...
from Music Avenue
ミスを塗りつぶすにはいさ..
from 雑魚が鯨を飲み込む為に…
天下一品祭り2009!
from 東京の美味しいグルメ
アップル、復帰のCEOが..
from はまかぜマリンワールドの趣味..
> 検索
> また家本か!
主役は“警告連発”の家本主審?
微妙判定連発!敗戦鹿島 大荒れ
鹿島、審判にやられた!疑惑判定続発で岩政&大岩開幕戦欠場

もう何度目か…
なんで問題があると分かっている審判員をこういう大事な試合に起用するのか。
試合をぶち壊すだけなので、いい加減ありもしない才能に期待するのはやめて家本審判をサッカー界から追放してください。
サッカーというスポーツに対してのイメージダウンにもつながりかねません…というかすでに私の周りではつながってます(ウチの母親ですけどね)。
サッカーをある程度知っている人なら「この審判がおかしい」となるのですが、そうでない人には…

私は川崎戦でしか直接家本審判のジャッジを見ていませんが(あとは放送のみ)、かなり不可解というか致命的なミスジャッジを連発する人です。
全てのジャッジが駄目なわけではありませんが(今回で言えばPKやり直しは仕方が無いと言えば仕方が無いですね)、他の審判員に比べておかしなジャッジが極端に多いのもまた事実。
そして審判員にはそういうことがあってはならないのです(理想は全審判員が同じ基準でジャッジできることですが、それは無理としても一人が他と大きく違う基準でジャッジしている現実は大問題)。
審判員によって戦略を変えたり、審判員の顔色を見ながらプレイするようでは、それはもうサッカーではありません。

家本審判が主審の試合は両チーム主導でボイコットすべき
その際の制裁金はサポーターの援助でどうにかしてあげたいところです。
私も事情が事情なので、応援しているチームに課せられた制裁金なら協力してもいいです(個人での負担なんてたかが知れているし焼け石に水でしょうが、チームのためになり、それがよりよいサッカーにつながるというのなら…)。
実際問題、家本審判のジャッジはそういうレベルまできているんですよね。
家本審判が良い悪い、個々のジャッジの仕方がどうこうではなく、そもそも根本的に審判員に向いていない、審判員をするべきではない、審判員をさせてはいけない人なんです。

*****

以下すべてwikipedia「問題となった主な試合・判定(家本政明)」からの転載(ここに挙げた以外にも「家本政明」で検索するだけでいくらでもひどいジャッジの試合がみつかります)。

2005年J2第16節(6月11日)、サガン鳥栖-ザスパ草津戦
後半26分に鳥栖MF高橋義希が草津ペナルティエリアの外で倒されたのをPKと判定。これは草津側の抗議、及び副審との協議によってFKに訂正されたが、その際、ゲームキャプテンとして事態を確認しにやって来た鳥栖GKシュナイダー潤之介に対し、何の抗議もしていないにもかかわらず、家本に近づく10m以上も手前でイエローカードを提示した。シュナイダーは試合後、「主審に言葉を発していない段階で、『君は来る必要がない』と言われて警告。僕が(PKの)キッカーのつもりだったらどうするのか」と、困惑するコメントを残した。
さらに後半ロスタイム、鳥栖ペナルティエリア内に草津MF高須洋平がドリブルで切り込んだが、バランスを崩して転倒。しかし、家本は、高須が勝手に転んだだけのこのプレーに対し、鳥栖のファールとしてPKを宣告。更に、このプレー時高須から数メートルも離れた位置にいた鳥栖DF八田康介にイエローカードを提示した(このイエローカードは試合後鳥栖MF飯尾和也へのものと訂正されたが、その直後八田に再訂正されるというドタバタぶりだった。さらに、6月14日のJリーグ規律委員会において、人違いであったとして、飯尾への警告に訂正された)。ファールを受けたとされた当の高須ですら「足がもつれただけ。何でみんなが喜んでいるのか分からなかった」と語る不可解な判定だった。鳥栖の松本育夫監督は試合後、「これだけの“大誤審”を見たのは私の長いサッカー人生で2回目。1回目は二十数年前の国際試合での八百長試合だった」と語った

2005年J1第29節(10月29日)、浦和レッドダイヤモンズ-川崎フロンターレ戦
川崎側の何でもない接触プレーをPKと判定したり、川崎DF佐原秀樹の完璧なヘディングシュートをファールと判定しノーゴールとするなど、(浦和への判定も不可解なものが多かったが)全体的に川崎側に不利なレフェリングを続けた。更に試合終盤、川崎FW都倉賢がボールに向かって足を出したところ、浦和GK都築龍太と交錯した。これに対して、都築が激怒して都倉を突き飛ばすという報復行為を行ったにもかかわらず、都倉へのレッドカードに対し、都築に対してはイエローカードの提示にとどめた。計11枚(浦和5枚、川崎6枚)のカードが乱発される荒れた試合となり、試合後は直接的な被害者となった川崎サポーターのみならず、試合に勝利した浦和のサポーターからも家本への不満が噴出した。川崎の関塚隆監督は、試合後「我々を勝たせてくれない『何か』が働いていた」と語り、間接的に家本を批判した。

2006年J1第16節(7月29日)、大分トリニータ-川崎フロンターレ戦
既に1枚のイエローカードを受けていた大分DF上本大海が悪質なファールを犯したが、カードの提示はなし。この判定に川崎の関塚監督が猛烈に怒ると、家本は即座に関塚を退席処分とした。更にその後副審との協議の上、当の上本にもこの試合2枚目のイエローカードを提示して退場処分としたが、最初から上本にカードを出しておけば関塚の退席は起こっていないはずであり、抗議をした関塚を退席させた後で上本を退場させるという非常に不自然なレフェリングだった。この試合は1-1の引き分けに終わったが、試合後不可解な判定に怒った大分・川崎双方のサポーターが合同で「家本辞めろ!」コールを起こす異常事態が発生した

2006年J1第21節(8月30日)、鹿島アントラーズ-名古屋グランパスエイト戦
後半33分、鹿島の選手に全く触れていない名古屋DF秋田豊に対してイエローカードを提示、PKを宣告。このPKが決勝点となり鹿島が2-1で勝利したが、試合後判定に怒る名古屋のセフ・フェルホーセン監督に対し、家本が激昂して挑みかかり、スタッフに必死で止められるという醜態を見せた。主審が監督に喧嘩を売るなど前代未聞であり、改めて「キレやすさ」を露呈した形になった。なおこの試合の直後、先述の研修の指示が下っている。
ここに挙げた比較的大きな事例以外にも、カード提示者の取り違え、カード提示枚数の記録違い、不可解な退場処分などが家本が担当する試合では頻発しており、しばしばサポーターの怒りを買っている。2006年には担当した3試合続けて警備員に守られながら退場するという事態も起こっている
[PR]
by hallucinations | 2008-03-02 12:20 | Comments(7)
Commented by a at 2008-03-02 17:25 x
多いみたいですね。
審判は絶対で、逆らう事が最もの罪ですが、、、

その審判がこれではね
Commented by 独裁者 at 2008-03-02 23:28 x
こういう輩には研修等何をやっても駄目だと思うのですが……ねぇ
Commented by だい at 2008-03-03 04:12 x
一番ひどかったのは、片山 義継審判の誤審。
2005年J1第26節、柏レイソル-ヴィッセル神戸戦
柏が1点リードして迎えた後半41分、柏DF小林亮選手交代時に同選手が2枚目の警告を受けたことにより、選手交代は本来認められず10名でプレーしなければならないところを11名のままで続行し、結局試合終了まで継続された。
試合結果、柏1-0神戸。
Commented by hallucinations at 2008-03-03 09:57
aさんコメントありがとうございます。
審判も選手も人間ですし、ある程度までは許せると思うんですよね。ただそのある程度をここまで超えてしまうとどうにも…。規程以上に厳しい処分を科す審判だと思います。一審判が規程以上の判断を下すケースがここまで多いと、サッカー競技規則の軽視も甚だしいと言わざるを得ません。

独裁者さんコメントありがとうございます。
数度の研修後がこれですから。家本審判の場合ノーカードのところにイエローカード、もしくはイエローカードでいいところにレッドカードを出しているんですよね。まあこの試合で審判委員会も気づいたでしょうし、家本審判にレッドカードを出してほしいところです。

だいさんコメントありがとうございます。
結構審判員ってカードの数え間違えとかしますよね。Jリーグではないけれど、イエローカードが1人に3枚以上出た試合もあります。ところで砂川や片山、岡田といった初期の審判って変なジャッジが多くありませんか?砂川も偏った判定で両陣営のサポーターから「辞めろ」コールをされたことがありました。
贔屓にされた陣営からも審判に辞めろコールが出るあたり、日本のサッカーは健全だと思います。
Commented by tamo at 2008-03-03 22:26 x
私はそれほど審判に詳しくないのですが、上記転載のジャッジと同一人物だったとは、、、と絶句。中継を見てた時点では久保のPKはともかく、岩政はちょっと軽すぎなプレー(1枚目のプレーも)、曽ヶ端は確かに前に出てるので2回目のやり直しは防ぐべき(小寺はまったく出てなかった)、ファンの乱入はどんな理由でも問題あり、とちょっと鹿島に厳しく見ていました。(すみません、少しアンチなもので)
しかし、冷静に見直したり、中継外の部分の情報を知ると怒りを感じます。上記については鹿島にも落ち度はあると思いますが、ファンはサッカーを見たいわけで断じて審判の舞台を見たいわけではない、ということすら理解できないなら審判をやる資格なし、と思います。
Commented by 名古屋サポです at 2008-03-04 20:57 x
家本は重要な試合を吹けるほど技術ないのに何故この試合が家本なのか疑問でした。
もしかしたら名古屋が鹿島で初勝利かもといえた試合までぶち壊してますから。

彼には別の人生を歩んでもらいたいです。
Commented by hallucinations at 2008-03-06 10:38
tamoさんコメントありがとうございます。
家本審判の場合、一審判としての裁量を越えてのジャッジが多いのでどうしても目立ってしまいます。他の審判員とジャッジの基準が違うんですよね。個々の判定がどうの、というのではなくて、本当に審判員に向いていないだけなのだと思います。

名古屋サポですさんコメントありがとうございます。
まさにその通りで、この試合に家本審判を起用した判断に納得がいきません。選手が試合を通して成長するのは当たり前ですが、審判員がそれでは…。しかも家本審判、多くの試合で笛を吹いたのにもかかわらず、同じことを繰り返すあたりからして成長の度合いがかなり低いと言わざるを得ません。それとも彼を使わなければいけないほど、日本では審判員不足なのでしょうか…。

FC2ブログに引っ越しました → http://gunbird.blog.fc2.com/
by hallucinations
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
> リンクとか
 blogランキング
 春樹のやる気を応援する
   投票↓
   にほんブログ村 音楽ブログへ
   さらに投票↓
   ブログランキング・ブログの殿堂
   も一つ投票↓
   ブログランキング・人気blogランキング


 vin-PRAD
 健康音楽!
   
 学園催
 春樹のお気に入り
   
 にせぱん
 Studio fake*panda
   
 Soda fountains
 Official Web Site
   


 Last.fm
   


 アクセスカウンタ
 本日のアクセス数
   
 昨日のアクセス数
   
 総アクセス数
   
 設置日:2007/08/15


 Blogopolis