> カテゴリ
全体
日記
音楽
ゲーム
漫画&小説
コネタ&ニュース
ソフト&サービス
ハード&ガジェット
iTunes&周辺機器
未分類
> 最新のトラックバック
おじいちゃん状態に逆戻り..
from のっぽのブログ
今日の1曲 / G.W...
from Music Avenue
ミスを塗りつぶすにはいさ..
from 雑魚が鯨を飲み込む為に…
天下一品祭り2009!
from 東京の美味しいグルメ
アップル、復帰のCEOが..
from はまかぜマリンワールドの趣味..
> 検索
> ピラニア コワイ
「ピラニアは殺人魚ではなく弱虫」研究結果が示す

例によってREUTERSの元記事は→コチラ←

明らかに今更発表するには恥ずかしい研究なので、他になにかメインの研究結果があるものと思われます。
ピラニア=臆病(というか神経質)はアクアリストの間では常識ですし、この記事で書かれているようなことはWikipediaあたりにも書いてありますね。

ではピラニアになぜこんなに凶暴なイメージがついてしまったかというと、十中八九、映画「緑の魔境」のせいでしょう。
この映画、ドキュメンタリーの姿を借りていますが様々なところで娯楽率アップをはかるために演出がなされています。
そんな「緑の魔境」の中で、最も有名なのがピラニアのシーン。
そう、ピラニアに襲われて牛が白骨化するシーンです。
もちろん演出なのですが、日本でもいまだにバラエティ番組などでこのシーンが放送されることがあるので、放映から50年以上たった今でもピラニアに対する誤解を広めるのに貢献してしまっています。
監督もまさかこんなに有名な映画になるとは思わなかったでしょうね。
というか監督自身はこの映画をあきらかにドキュメンタリー映画として撮っていたようなので、演出を入れたあのシーンが有名になるのは不本意なことだったに違いありません。
(過剰演出はスポンサーの意向らしいです。)


じゃあ本当にアマゾンで恐れられている魚は、というと、現地アンケートでは1位淡水エイ、2位カンディルとのこと(ソースは忘れたけどおそらくAQUA MAGAZINE)。
ピラニアは3位にランクインしていますが、「ロンドンの殺人鬼を東京で恐れるか」理論によって2位からは引き離されてのランクインでした。
要は「ピラニアは怖いけれども人間の生活域にはいないので脅威ではない」ということらしいです。

1位の淡水エイは…かなり怖いですね。
淡水エイは座布団に鞭が付いたような形をしていますが、これが浅瀬の泥の中に潜っているわけです。
そこに住人が洗濯しにやってくるわけですよ。
で、淡水エイに気付かず座布団部分を思い切り踏む。
瞬間、鞭部分が跳ね上がり、その鞭の途中にあるぶっとい毒針が足にグサ!
毒針は折れやすい構造になっており、エイが暴れることによって突き刺さった針は容易に折れて体内に残留します。
しかもたちが悪いことにこの毒針、無数の返しがついていて抜くためには貫通させるしかない!
あああ。

2位のカンディルは…アクアリストには有名ですが、一般にはあまり知られていませんね。
人呼んで「アマゾンの人食いナマズ」。
人食いナマズといっても人間を丸呑みする大きなナマズではありません。
群れて暮らす10cmくらいの小さなナマズです。
…いやな予感がしてきたでしょう?
もうご想像通り。
入ってくるんですよ、体内に。
尿道、肛門、耳孔から鼻孔という穴と言う穴、さらには眼や臍といった柔らかい部分を突き破って進入してきます。
で、内臓や肉をですね…
(餌の魚と間違えて入ってくるだけなので、実際は人間が食べられるわけではありませんが。)
調べればもっとグロい報告があるはずですが、グロは苦手なのでこのあたりでご勘弁を。


話は戻りますがこの記事、配信がロンドンなんですね。
テームズ河でピラニアが発見されたのでピラニア研究に力を入れ始めたんですかねえ。
ちなみに日本の川でピラニアが釣れたという報告をたまに聞きますが、これはほとんどがコロソマという別の魚です。
木の実などを食べている魚ですが、外見はピラニアそっくり
私も実際に多摩川で釣れたというピラニアを見たことがあるのですが、どうみてもコロソマでした。
まあ「ピラニアよりも悪いじゃないか!」という意見もありそうですが。
なにやらガーパイクが発見されたとの報告も各地で聞くようになりましたし、日本も環境テロにさらされるようになったんですね。
行政がカダヤシやらリュウキュウアユ(当時はアユと同一種だと思われていた)やらを放しちゃった時期もありましたが。



本日聴いた曲:Out Of Border/N/Y Funk Shot!!
♪(Instrumentalです)♪
N/Y Funk Shot!!の「Out Of Border」です。N/Y Funk Shot!!は元C-C-B米川英之、元聖飢魔IIゼノン石川(石川俊介)、元Human Soul/元SURF TRIPのJIMI橋詰、そしてサポートミュージシャンとして活躍中の中道勝彦の4人で結成された実力派バンド。この曲はTOTOをルーツとする米川らしいAOR風味のフュージョンロックで、曲構成はプログレのそれですね。この曲が収録されている同名アルバム「Out Of Border」、おススメです。米川のギター最高!
[PR]
by hallucinations | 2007-07-04 10:31 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


FC2ブログに引っ越しました → http://gunbird.blog.fc2.com/
by hallucinations
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> リンクとか
 blogランキング
 春樹のやる気を応援する
   投票↓
   にほんブログ村 音楽ブログへ
   さらに投票↓
   ブログランキング・ブログの殿堂
   も一つ投票↓
   ブログランキング・人気blogランキング


 vin-PRAD
 健康音楽!
   
 学園催
 春樹のお気に入り
   
 にせぱん
 Studio fake*panda
   
 Soda fountains
 Official Web Site
   


 Last.fm
   


 アクセスカウンタ
 本日のアクセス数
   
 昨日のアクセス数
   
 総アクセス数
   
 設置日:2007/08/15


 Blogopolis