> 給電能力足りてない
iPod classic 160GB が昇天。
まあ第4世代iPodを利用していた時に頻繁にあった症状だったので、対処の仕様はわかっていたので慌てませんでしたが。
利用中突然電源が落ちAppleマークから先に進めなくなった場合は、十中八九ボリュームビットマップ他のシステムが崩壊しています(ディスクユーティリティでの修復も不能)。
まあ復元するしか直す方法がないわけですが…ここで落とし穴。
Windowsフォーマットの場合Windowsでは直すことが出来ず、Macintoshフォーマットの場合はMacintoshで直すことは出来ません。

ボリュームビットマップが崩壊している場合は復元自体が出来ないので、まずはiPodをハードディスクとしてフォーマット。
大体の場合どちらかのOSでフォーマット出来ます。
さらにWindowsフォーマットの場合MacintoshのiTunesで、Macintoshフォーマットの場合はWindowsのiTunesで復元します。
片方しかOSがない場合はAppleに修理に出すしかないですね。
市販のフォーマッタでフォーマット出来ればその限りではありませんが。

あとMacintoshを使用している人で復元を失敗する人は、USBハブにiPodをつないでいる場合が多々あります。
MacBookやiMacを利用している人は気づいているかもしれませんが、Apple製コンピュータの中にはUSBの給電規格を満たしていないものが結構あります
外部ハード系のバスパワー機器に至ってはUSBハブの使用有無関係無しに大体動かず、別途給電が必要なことがほとんど。
Apple製コンピュータのUSBポートは、実は内部ですでにいくつかのポートがハブ化してあるのでポートによって給電能力が違うのですが、給電能力の高いポートでさえ動かない場合が多いです。
うちのPowerBook3台・iMac2台では、BUFFALOのUSBポータブルHDD・LogitecのFireWireポータブルHDDともに本体USBポートに直結しても電力供給が足りず、バスパワーでは動作しません(USB給電ケーブルやACアダプタでの給電が必須です)。
東芝のノートPCやネットブック、Dell、HPのデスクトップではバスパワーでも動作するんですけどね。
iPodは直結すれば動作しますが、ハブを通すと電力不足で駆動出来ずに復元を失敗します(マウントすら出来ないことも多い)。
iPod classic等のハードディスク搭載型iPodはUSBポート直差しが基本ですよ。
[PR]
by hallucinations | 2011-05-15 22:54 | iTunes&周辺機器 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


FC2ブログに引っ越しました → http://gunbird.blog.fc2.com/
by hallucinations
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> リンクとか
 blogランキング
 春樹のやる気を応援する
   投票↓
   にほんブログ村 音楽ブログへ
   さらに投票↓
   ブログランキング・ブログの殿堂
   も一つ投票↓
   ブログランキング・人気blogランキング


 vin-PRAD
 健康音楽!
   
 学園催
 春樹のお気に入り
   
 にせぱん
 Studio fake*panda
   
 Soda fountains
 Official Web Site
   


 Last.fm
   


 アクセスカウンタ
 本日のアクセス数
   
 昨日のアクセス数
   
 総アクセス数
   
 設置日:2007/08/15


 Blogopolis